おすすめの金融商品

金融商品とは何か

定期預金にしよう

みなさんは、預金を何にしていますか。
ほとんどの人は、普通預金にしていると思います。
それが無難な方法で、損をすることはないでしょう。
しかし得をすることもないので、ハッキリ言ってもったいないです。
利益を得たい場合は、定期預金を選択してください。

定期預金にすれば、何が良いのか気になる人がいるでしょう。
簡単に説明すると、普通預金よりも利息が高額です。
同じ額のお金を預けていた場合でも、定期預金の方が高額になりやすい仕組みです。
そのように聞くと、早く定期預金にしたいと思うかもしれませんね。
銀行に行くと簡単に設定を変更できるので、なるべく早く行きましょう。
後回しにすると、利息がつくまでに時間がかかるので資産を大きくできません。

注意点を知ろう

定期預金にすれば、たくさんの利息が付くので資産を増やしたい時におすすめされています。
しかしメリットだけではないので、デメリットも知った上で実践してください。
デメリットは、お金を預けると一定の期間は引き出すことができない部分です。
急にお金が必要になっても取り出せないので、そのような事態が起こらないかよく考えてください。

今は平気でも、少しあとに大きい金額が必要になるケースが考えられます。
先のことも見通すことで、定期預金にするタイミングを把握できます。
早く利益を大きくしたいと、焦って定期預金にするとお金を引き出せなくて困ります。
もし大きいお金が必要になりそうだと思ったら、しばらくは普通預金にしても良いでしょう。


この記事をシェアする